新生銀行住宅ローンは融資事務手数料が安い?

住宅ローンを組む際には、融資事務手数料を支払う必要があります。
この融資事務手数料をいくらに設定しているかは、金融機関によって異なります。
60万円前後にしている金融機関もあれば、借り入れ金額の1~2%に設定しているところもあります。
いずれにしても安いものではありません。
しかし新生銀行住宅ローンの場合は、借り入れ金額の多さに関係なく一律5万円となっています。
他の金融機関が請求する融資事務手数料と比べると、圧倒的に安いのです。
また、一般的には保証料と保証事務取扱手数料も数十万円かかりますが、新生銀行住宅ローンの場合は0円です。
その他の諸費用も、国民としての義務である税金のみとなっています。
すなわち抵当権設定登録免許税や印紙税などです。
これらはトータルで22万円ほどです。
他の金融機関ではこれら税金に加えて多くの諸費用がトータルで数百万円かかる場合も多いです。
それを考えると、新生銀行住宅ローンは非常にお得なのです。
http://www.ginkou-sinsa.com/