住宅ローンの繰り上げ返済とは?

住宅ローンを長年組んでいると、まとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすることによって、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
自営業の方が自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点はフラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様そんなフラット35の審査は、フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
住宅の価値を重視して審査を行います。
他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。