ホワイトニングをする時のデンタルローンについて

突然ですが11月8日は何の日か知っていますか?「いい(11)歯(8)並びの日」と制定されているそうです。

そこで、歯並びに関するランキングを調べてみたところ、「人に言えない歯の悩みランキング」というものが発表されていました。

やはり歯並びの悩みを持っている人は多いようです。

悩んでいるということはできれば治したいと思っているはずです。

では、なぜ治療せずそのままになっているのでしょう。

歯並びや噛み合わせを治す治療費が高額なのが大きな理由とされています。

歯列矯正は自費負担になるため、躊躇してしまうようです。

ジャックスなどの信販会社のデンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょうか。

皆さんは歯医者を選ぶ時にどういった基準で選びますか?実は、歯医者ってコンビニよりも多いって聞いたことありませんか?なので選ぶ幅が広すぎて選びにくいですよね。

そんな時に見ているのが口コミサイトです。

医院の設備はどういったものがあるか、先生はどんな人なのか初めてその歯医者に行く場合にはとても参考になります。

他の選び方としては、治療内容によってどこに行くか選ぶのもありです。

例を挙げると、歯列矯正を考えている場合では、治療に行く前に先にインターネットで利用するデンタルローンをそのローンと提携している歯科医院を探すなどです。

子供の頃から歯並びが悪いことがコンプレックス、噛み合わせが悪くて治したいという方は多いはず。

でも歯列矯正の治療費って高額なイメージがして諦めている方、デンタルローンを利用してみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、「歯科治療費」にのみ使い道を限定したローン制度です。

ローンを取扱う企業が申込者に代わって治療費を立替払いし、患者はクレジットカード会社に治療費+金利を分割で返済するローン制度のことです。

また、歯科医院によって対応しているローンが違うので提携していない歯科医院がありますのでローン会社のHPからご確認ください。

歯並びが悪い、噛み合わせが悪いとさまざまな弊害が起こります。

筋肉バランスが歪んでしまったり、虫歯や歯周病の原因にもなります。

また、噛み合わせはスポーツのパフォーマンスが十分に発揮できるかにも関わってきます。

陸上のクラウチングスタートを例にすると姿勢を保つために噛み締めて体を固定したり、スタート直後の地面を強く蹴って加速する時に強く食いしばれなくなり体がブレないように作用しています。

このように噛み合わせとパフォーマンスが発揮できるかは密接に関わってきます。

デンタルローンを利用して矯正してはいかがでしょうかその際は、月々の返済金額に無理がないか絶対に確認しましょう。

歯医者に行った時に、「抜け歯の治療するなら・・」とデンタルローンを勧められたことってありませんか?デンタルローンの意味は、利用目的を「歯科治療費」のみに限定した立替払制度です。

細かい部分は違いますが、全体的な仕組みとしては「住宅ローン」や「自動車ローン」を考えていただくとイメージしやすいです。

では、申し込み時の確認事項を整理しましょう。

①パンフレットなどの治療費がわかる書類、②安定・継続した収入(職業が会社員、公務員ならあまり気にしないで大丈夫です。

)これら2点が必ず確認される情報となります。

出っ歯なのがコンプレックス、歯並びが悪くて人前で笑うとき人の目が気になるなど歯の悩みを持っている方もいます。

歯列矯正を行なってコンプレックスから解放されてみませんか?でも、矯正って高額な費用がかかるイメージがありますよね。

費用が高額で用意出来ない方はデンタルローンを利用して分割払いにする方法もあります。

いきなり歯科医院で審査をするのって情報がうろ覚えだったり手数料などの確認をしておきたいしで少し抵抗がありませんか。

正式申込前に事前にwebサイトで仮審査をしておくのがおすすめです。

申込みまでの流れとしては使いたいローンのwebサイトで事前審査をし審査通過後、そのローンと提携している歯医者で再診し、正式申込になります。

歯医者に行って高額な治療費が発生した時にみなさんはどういった支払い方法を選択しますか?クレジットカードで分割払いをしますか?歯科治療専門のローン、「デンタルローン」を使用しましょう。

どうしてかというと、クレジットカードの分割払いとデンタルローンの分割手数料の差が大きいからです。

一例として、三井住友VISAカードで分割払いをする場合には分割回数により12.0%から14.75%となっていますが、銀行系の低金利デンタルローンの場合には半分くらいになる5%程度の金利で借りることができます。

歯並びの治療って高額な治療費がかかってしまうため歯並びを治そうと思っても決心がつきにくいですよね。

高額な治療費だからこそ利用できるものはしっかりと利用しましょう。

それがデンタルローンです。

歯列矯正などの高額治療を勧められる時には治療全体で大体どれくらい治療費がかかるか見積もりを出してもらえるので見積もりに対して借入額をどうするか、また、借入後の分割支払いをどうするのかを各社のサイトでシュミレーションをしましょう。

また、年間で治療費を10万円以上支払った場合には、確定申告で医療費控除を申告できるので覚えておきましょう。

歯が抜けてしまいインプラント治療を受けようとした時に歯医者でデンタルローンを提案されたことがあります。

「ローン」の名前の通り、借りるには必ず審査があります。

取扱機関は審査基準として申込者のどこを見ているのでしょうか。

法律が絡んでくるので特に気にしているのが年齢です。

未成年では「契約の締結」という、親名義で申し込む、もしくは親権者の承諾が必要になります。

他には公共料金の支払いが毎月問題なく支払えているかなど、いわゆるクレジットヒストリーを確認しています。

また、ご自身に収入のない主婦の方も利用できますが審査結果によっては保証人が必要になることもあります。

歯列矯正など高額な費用がすぐに用意できない時に利用するデンタルローンですが、利用するには審査に通る必要があります。

健康に関するローンだし審査基準は甘いんじゃないかと気になりますよね。

本当のところ、他の住宅ローンや自動車ローンとあまり審査基準は変わらないようです。

ローン審査で特に重要視されているのが安定して返済できる能力があるかどうかを判断するための収入が安定・継続しているかの部分です。

専業主婦の場合は、旦那さん名義で申し込む、または、保証人を必要とするケースがあります。

ご利用を考えている場合は、信販会社の担当者に色々聞いてみてください。

デンタルローンという制度を聞いたことはありますか?どういったものかというとカード会社が患者に代わって病院に治療費を立替をして、患者は信販会社に治療費+手数料を中長期的に分割で支払う立替払い契約のことです。

仕組みとしては、住宅ローンなどをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

そのため、デンタルローンを組むには、他のローンと同じように申し込み内容から収入などを見て返済能力は問題ないか「審査」に通過する必要があります。

審査に通りやすいのは奨学金などのローンの返済や水道料金などの支払いに遅れがない人が多いようです。